無料相談 好評受付中!

「みつきコンサルティング」の評判・口コミって実際どうなの?

お悩み社長

みつきコンサルティングという会社から電話をもらったんだけど、どういう会社なの?

 

M&Aいろは塾では、売手オーナーが初めてM&Aの仲介会社を選ぶ時に「ここは気を付けた方がいい」「この会社はこういうことをしている会社」というポイントを、同業者の視点で分かりやすく説明しています。

 

初めてM&Aの仲介業者を選ぶ時にあまり比較せずに選ぶ方も結構いらっしゃるので、筆者としては「比較するならこういう部分をちゃんと見て!」という気持ちでお伝えしています。

 

 

本日はM&Aの仲介を行う「みつきコンサルティング」について解説していきます。

 

「みつきコンサルティング」と検索してみると、こんな感じの関連ワードも出てきています。なので、営業方法も含めてどんな会社なのか見ていこうと思います。

 

それではみていきましょう!

 

 

みつきコンサルティングの評判・口コミについて

 

みつきコンサルティングは電話やDMで営業するケースが多いようで、ネットの評判はこんなコメントが数多くみられます。

匿名さん  2022/01/19 14:50:05 
何度も電話・封書届き無視していたら代表自宅にまで封書が送られてきた。度を越して迷惑極まりない。ホームページを見たとあるが当社はホームページなど無い・・・

匿名さん  2021/10/29 15:41:02
ミツキコンサルティング。
「社長に資料をお送りしている件」と。
どういった内容か伺うと「M&Aの件でご案内」との事。
全てお断りするよう言われておりますので不要でございます失礼します。で終話。
何か言いかけてましたが切りました。

参考 電話番号検索口コミ(外部サイト)jpnumber

 

匿名投稿なので真偽の程はなんともいえませんが、多くの方から電話やDMで営業をかけられたという投稿があります

 

内容から推測するとM&Aを勧誘する類の営業をしている可能性が高いように思います。

 

頼んでもいないのにDMを送り、そのDMを口実に電話を掛けてくる、という手法です。他のM&A仲介会社でも全く同じような手法で営業してくるのですが、基本的にはこのDMに書いてあるような「御社と業務提携をしたい会社がいる」というのは具体性がない単なる営業であることがほとんどなので真に受けなくて良いです。

詳しくはこちらの記事もご参考下さい。

「貴社と資本提携したい」というDMは大抵ウソ、という事実

 

もし本当に特定の買手からの名指しだったとしても、他の買手と比較せず、また、他の仲介会社と仲介手数料も比較せず、そのままM&Aを進めてしまうと機会損失を生むことになるので、この手の営業に反応してしまうメリットはありません。

 

ちなみに、

「代表者の自宅がなんでわかったの?」

と思われる方もいるかもしれません。

 

代表者の自宅は確認しづらいものですが、商工リサーチなどの企業情報を買うことで調べることができます

 

これを見て、「会社よりも自宅の方が反応してくれるかも」と考えて自宅に送ってくるのですが、受け取った方は普通に怖いですよね。

 

なので、「知らない会社から変な営業受けたくない」という方は、商工リサーチや帝国データバンクには一切情報提供しない方が良いと思います。企業情報を取り扱う会社は、情報を集めて広く営業をかけたい会社などに売っているだけなので。

 

また、元社員の口コミでは、みつきコンサルティングはインセンティブがあるものの、仕事ができる人から会社を辞めていく、みたいなコメントがみられます。

参考 みつきコンサルティング(外部サイト)openwork

 

こういう現象はM&A業界ではこの会社に限らずよくある話です。

 

優秀かどうかは別にして、案件をたくさん成約しているコンサルタントからしてみると、案件を成約しないコンサルタントというのはお荷物な存在なので、そんな人に給与という形で稼いだ報酬を分け与えていることに不満がたまるんですね。どの仲介会社も同じです。

 

ある人はもっと成約時のインセンティブ率が高い会社に転職し、またある人はそもそも経営陣もお荷物だと思って独立(←筆者)していきます。

 

筆者も独立して思ったのが、M&A仲介会社というのはどこもこの手のDMや電話を人海戦術で営業してM&Aの売手を囲い込み、その情報を買手に持ち込んで仲介手数料を取る、という定番のスタイルなので、経営陣はただ単にアメとムチで営業マンを走らせ、成約したお金を配って、インセンティブ設計で営業マンのモチベーションを調整するくらいの仕事だということです。

 

自分でやってみるとよっぽど新規性のある取り組みをしない経営陣はホントに必要ないなと確信が持てました。

 

お客さんの観点からは、そういった仲介会社は経験を積んだ人から辞めていく訳なので、自分ひとりでコンサルティングできない人や新人ばかりが会社に残ってしまうということはあり得ます。実務経験者の離職があるという会社については、サービスの質は低いのに手数料は高いということも多いので注意しましょう。

 

 

そもそもみつきコンサルティングってどんな会社?

 

みつきコンサルティングは2005年に設立されている会社で、みつき税理士法人という税理士法人が母体になっています。

 

みつきコンサルティングの代表者は以前「監査法人よつば綜合事務所」の代表パートナーだったそうですが、監査法人よつば綜合事務所は非監査業務に注力し、監査業務の品質管理が脆弱との指摘を受けているようです。

 

実際こちらにもあるように公認会計士・監査審査会が金融庁に対して、監査法人よつば綜合事務所を行政処分等の措置を講ずるよう勧告している形跡が見られます。

参考 監査法人よつば綜合事務所に対する検査結果に基づく勧告について(外部サイト)金融庁

 

その後、監査法人よつば綜合事務所は突如解散したのですが、クライアントが混乱したという事件もあったようです。

 

非監査業務というのがみつきコンサルティングということなのだと思いますが、公認会計士・監査審査会などの集まりからは目を付けられている存在なのかもしれません。

 

 

最近では、この会社のように税理士・会計士がM&Aを本業以上に取り扱うことも増えてきています。

(弁護士とかは紹介フィーとかを貰うとアウトなんですが、税理士・会計士は昔から売手の紹介をしてフィーを貰うということが多かったです。それが最近では自前でM&Aコンサルをし始めるようになった、という流れですね)

 

筆者も知り合いの税理士から聞いた話では、「税理士業務をするよりよっぽどM&A仲介をしていた方が儲かる」という話もあります。

 

これはかなり正直な意見ですが、上記で記載したような事件もM&A仲介が儲かる、ということが根本にあるのかもしれません。

 

実際、税理士・会計士であることや、監査業務の経験があるかは、M&A仲介をする上でメリットもあります。

 

それは、「税理士や会計士であればM&Aも得意なのではないか」と勝手に思ってくれる売手オーナーも一定数いたり、専門家としてのアピールが刺さりやすくなったりするので集客する際の武器になるという点です。

 

ただ、税理士・会計士事務所だからM&Aが得意かというと必ずしもそういうわけではありません。

 

売手が最初に相談するのは割と顧問税理士だったりもするのですが、そういう話を受けてM&Aを仲介しようと意気込んだものの、買手の探し方も分からず話が止まってしまっているということも多々ありますし、結局売却の話を受けても仲介手数料の高いM&A仲介会社に丸投げして紹介料を稼ごうとする税理士・会計士も結構います。

 

また、M&Aの現場でよくあるのが、売手と買手で具体的な話になってきたタイミングで売手の税理士に相談にいった際、顧問税理士がM&Aについて全然詳しくなく適当なアドバイスをしたり、あるいは売手の顧問契約が無くなってしまうのではという危機感からM&Aを反対してきたり、というようなことです。後継者不在などで困っているお客さんよりも自社の利益を優先するというのはあってはならないと筆者は思います。

 

税理士・会計士だからM&Aに関する知見があるかは分からないので、「税理士・会計士事務所だからM&Aを安心して任せられる」というのは間違いで、「M&A仲介の経験値があるか」「M&Aに対して納得できるコストできちんとした仕事をするか」が何よりも大事なので覚えておきましょう。

 

 

もう少し士業について触れると、M&Aの主担当者が税理士であれば決算書が読めないという事はないと思いますので、簿記の知識も怪しいM&Aコンサルタントを名乗る人よりかはちゃんとした話はできると思います。

 

ただ、税理士法人系のM&A仲介会社であったとしても、税理士資格を持っていない未経験のコンサルタントが主担当になることはよくあります。

 

こうなるとはっきり言って他の仲介会社と何も変わらないです。

 

M&A業界では、一部の大手仲介会社なども士業色の強いM&A仲介会社として事業展開していましたが、事業規模が拡大するにつれて未経験のコンサルタントも採用するようになり、結局他のM&A仲介会社と同じようにゴリゴリ営業の会社になっていきました。

 

M&A仲介会社が規模を拡大しようと思ったら税理士・会計士の有資格者ばかりを採用することは難しくなるので、フロント営業は一般社員に任せて、時々社内にいる税理士がサポートするくらいの体制にすることがほとんどです。筆者が知っている大手仲介会社はだいたい今ではこういう体制が主流です。

 

みつきコンサルティングは不特定多数の会社に「御社と業務提携をしたい会社がいる」というような営業をしている可能性が高いことからも、士業としての行儀のよさ(?)はなく、営業ゴリゴリ系の仲介会社と近い存在と考える方が実際に会った時のギャップが少ないかもしれません。

 

ましてや上記で示したような、代表者が公認会計士であっても過去監査業務で事件が発生していたり、突如解散してクライアントが混乱したり、というのは、現在上場しているM&A仲介会社で発生しているような不正会計や顧客の印影を偽造したりするモラルの低さに似ているような気もします。

 

 

みつきコンサルティングにM&Aを任せた方がいいの?

 

みつきコンサルティングの場合は、ホームページ等に仲介手数料の記載がなく仲介手数料について事前に判断できないため、M&Aに不慣れな方は避けた方がよい会社だと筆者は思います。

 

他の仲介会社でもみられますが、ホームページに手数料を公開しない会社というのは、売手と仲介会社間で手数料の交渉が発生して、足元をみてくるケースもあります。

 

筆者が某上場仲介会社の社員から直接聞いた話ですが、「手数料についてはお客さんとの面談で足元をみて最低報酬額を設定している」などいう話もあります。

 

例えば、仮に「他の仲介会社は仲介手数料2,000万円が一般的ですが、弊社は1,500万円です」と言われたら安く感じる方もいると思いますが、「仲介手数料2,000万円が一般的」というのは実はウソです。きちんと調べれば500万円や300万円でもきちんと仲介をする会社は存在します。

 

ただ、M&A仲介会社のモラルは全体的に低いので、平気でこんな論法で説得させようとする者も多いのです。

 

それゆえ、金額の交渉をする相手に教えを乞う、ということがそもそも非常に危険なので、M&A仲介手数料については公にオープンにしている仲介会社を事前に調べた上で選びましょう。

 

「手数料が分からない」というのは「他社と比較されると不利になるから手数料を記載していない」と考えてもいいかもしれませんね。

 

みつきコンサルティングについては手数料の計算方法すら分からないので、いくらの手数料を設定されるか事前に全く分かりません。

 

そんなことからも、この会社の営業に乗っかるのは筆者はお勧めしません。

 

電話やDMがきて「この会社ってどんなだろう」と思う方がこの記事を読まれていると思いますが、基本的に「会社売るなら仲介させてくれませんか」というただの営業(買手がいますといっても具体的な買手は実際いないことがほとんど)なので、興味ない方は無視、少し興味がある方はいきなり連絡を折り返すのではなく、まずは手数料などの客観的な情報を並べて適正コストできちんとした営業をする会社なのかを見極めましょう。

 

最低報酬額をまとめたこちらの記事もご参考ください。仲介会社の選び方だけでも手数料が何倍も変わる、というのがM&A業界では当たり前になっているので、比較せずに仲介会社を選ぶメリットは何もありません。

「M&A仲介会社の手数料一覧表」決定版!!

 

また、電話やDMで営業を行う会社の場合はゴリゴリ営業するタイプのコンサルタントも多いので、何も調べず連絡してしまうことで押しの弱い方だと流されてしまう可能性もあるので気を付け欲しいところでもあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

こちらの会社のような営業は現在盛んに行われておりますので知り合いの会社にもDMや電話が来ていると思います。

 

M&Aはあまり周りに話さないという特徴を生かして経営者を孤立させ、高い手数料を払わせる営業手法なので、ご自身だけで悩むのは本当に危険です。

 

M&Aいろは塾は電話やDMなどでゴリゴリ営業するのはお客さんの冷静な判断を阻害するので絶対にしませんし、否定派の立場です。

 

いろは塾の仲介は手数料も含め客観的な情報できちんと選んでもらえるサービスですので、不安なことがあればまずは筆者にご相談下さい。

M&Aいろは塾とは

 

ご参考いただければ幸いです。

 

最後まで読んでいただき有難うございました!

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。