M&Aのご相談 好評受付中!

「ビズリーチサクシード」の評判・手数料・使い方って実際どうなの?

お悩み社長

最近ネットでよく出てくる「ビズリーチサクシード」ってどういう会社なの?

 

ビズリーチは、あの、人差し指を立てて「ビズリーチ!」ってハイクラス転職を支援するCMでおなじみですが、最近ネットでM&A関連の検索をしてもビズリーチという名前を目にするようになったと思います。

 

「ビズリーチサクシードってM&A仲介会社なの?」とか「手数料無料らしいけど大丈夫なの?」とか、色々不安な方も多いと思いますので、今日はこの会社を取り上げてみたいと思います。

 

最初にお伝えしておくと、筆者はプロフィール欄にもある通りM&A仲介会社を経営するコンサルタントという立場です。

ビズリーチサクシードは「買手を探すサイト」として利用している立場ですが、同じ業界の人間からみた印象や「実際使った方がいいのか?」についても他社との比較も交えお伝えしていきたいと思います。

 

本日の内容はこんな人向けの記事です。

・会社を売ろうとしていて、「ビズリーチサクシード」がどんなものか気になる方
・会社を買う時のプラットフォームとして「ビズリーチサクシード」を考えている方

 

それではいきましょう!

 

ビズリーチサクシードの正体は「M&Aの買手を探すサイト」

 

ビズリーチサクシードは「M&Aの買手を探すプラットフォーム」です。

最初の相談から相手探し、クロージングまで一緒に行うM&A仲介会社とは違います。

 

「M&A仲介会社」と「M&Aプラットフォーム」の違いについてはこちらをご参考ください。

「M&A仲介会社」と「M&Aマッチングサイト」の使い分け(わかりやすく解説)

 

 

要は、

 

M&Aの売手側からすると、

「自分でM&Aするときの買手探しとして使えるサイト」

という存在で、

 

M&Aの買手側からすると、

「M&Aの売案件を探せるサイト」

という存在です。

 

 

特に売手側が気を付けておく必要があるのは、「どういうスキームでいくらで売るのが一般的か」とか「一般的なM&A交渉ではどんな対応をするべきか」など、普通の仲介会社が行う相談業務や面談の立ち合いなどは範囲外なので、M&Aで起こる問題解決は基本的に自分で行うことになります。これ結構しんどいと思います。

 

両社面談や監査の際に同席してくれたり、契約書について細かく対面で説明してくれたり、などが無いというのは心理的に不安な方も多いかと思いますし、M&Aに長けている買手のペースで事が進んでしまうという印象を持つ方もいるかと思います。

 

「買手さえいれば自分でM&A交渉したるわ!」と血気盛んな方は、M&AプラットフォームだけでM&Aに挑まれるのも良いかと思います。

 

 

一方、買手側が気を付けておく必要があるのは、「案件を掲載しているのはM&A仲介業者ってケースも多い」ってことです。

 

ビズリーチサクシード自体の手数料は月額0円+成功報酬で譲渡額の2%(最低200万円)から月額198,000円+成功報酬で譲渡額の1.5%(最低150万円)までありますが、それプラス仲介会社の手数料がかかるってことです。

 

一般的な仲介会社が譲渡額の5%を成功報酬として徴収するとして、ビズリーチサクシード経由で成約した場合に仕上がり7%の手数料を払う、なんてことも良くあります。

 

なんでこんなことになってるかというと、こういうM&Aプラットフォームは売案件が無いと買手が集まってこないため、売案件の種類と量を確保するために仲介業者が案件を載せることができる仕組みにする必要があったからです。

 

ちなみに、筆者が昔ビズリーチサクシードの人から「こんなサイトをリリースしたので是非使ってください」と言われたときには、「仲介会社様の手数料は邪魔しません(買手側がサイト利用料を払うので仲介会社は無料で使えます)」というのがセールストークでした。

 

実際どのくらい手数料が発生するのかについては注意した上で利用されるのがよいでしょう。

 

 

手数料安いけど大丈夫なの?評判は?

 

ビズリーチサクシードのホームページにはこんな表記があります。

※引用:ビズリーチサクシード「サービス紹介」

 

これを見て、

「何!?売手は仲介手数料完全無料なの??」

と惹かれる方もいるかと思います。

 

他社Aはどこか分かりませんが、他社Bは「M&Aキャピタルパートナーズ」みたいな仲介会社と似ています。

 

重要なのは、比較していているのはあくまで「M&A仲介会社」であって「M&Aプラットフォーム」ではないので、比較対象とするのはちょっと誤解を招くかなと思います。

 

これって、例えば、

「A予備校は授業料30万円、B予備校は20万円、でも我々教材販売会社は無料で教材をサービスします!」とか、

「カフェC店はコーヒー一杯400円、カフェD店はコーヒー一杯300円、でも我々の自動販売機はなんとコーヒー一杯100円です!」

って言ってるような感じです。

 

そもそもサービス内容もユーザーもその目的も全く違うものを同じ土俵に載せちゃってる感じですね。

 

同じ「M&Aプラットフォーム」という土俵で比較するのであれば、同じようなM&Aプラットフォームである「TRANBI(トランビ)」や「MAfolova」や「バトンズ」や「M&Aクラウド」あたりと比較するのが適切かなと思います。

 

ちなみに言っておくとこれらの「M&Aプラットフォーム」は売手側の手数料はどこも無料です。

 

「M&A仲介会社」と「M&Aプラットフォーム」の違いをきちんと理解して検討するようにしましょう。

 

 

一方買手側としては、ビズリーチサクシードの手数料は上で挙げたような他のM&Aプラットフォームと比べて安いかといわれるとそうとも言えません。

 

例えばトランビの場合は、買手は月額必要だけで成約した時の手数料がかからないので、場合によっては買手側の手数料で数百万円以上の差がつくこともあります。

こちらで各プラットフォームの買手側手数料比較なんかも挙げていますので、参考いただけると幸いです。

「トランビ(TRANBI)」の評判・口コミ・手数料・注意点って実際どうなの?

 

 

仲介会社を使わずにM&Aってできるの?

 

結論としては、「仲介会社を使わずにM&A出来なくもないけど難しい」です。

 

以前こちらの記事でもお伝えしましたが、条件とかをあまり気にせず小規模な事業を譲渡するという話であれば、ビズリーチサクシードのようなM&Aプラットフォームを利用して買手を探して売却するというという手段もあると思います。

【実践編①】仲介会社を使わず自分でM&A(希望条件を決める編)

 

ただ、例えばこんな感じのお考えをお持ちの方は自力でM&Aするというのはちょっとオススメできません。

・どんな手順でどんな手続きをする必要があるかも対面や電話でアドバイスしてほしい

・変な相手とは交渉したくない
・相手との面談や監査の際には同席してほしい

・どのくらいが自分の会社の価値なのかをある程度把握した上で、無理のない交渉をしたい

・交渉の都度、どういう対応をするとどうなるのかM&Aの経験豊富なアドバイザーと壁打ちしながら丁寧に進めていきたい

 

ビズリーチサクシードは買手も比較的大きめな会社が多かったりするので、「この買手怪しくない?」みたいなことは少ないとは思いますが、「買収資金が1,000万円しかないのに株式価値5億円くらいの案件にエントリーしてくる買手」を事前に断ったり、ということは中々売手オーナーの判断でやるのは結構難しいと思います。

 

仲介会社が入っていれば、「御社の買収資金では対応できない案件ですが大丈夫ですか」みたいなやり取りはしますし、売手に対してそういう買手企業を紹介するのであれば、「この買手は資金力が無いので融資で資金を調達する必要が出そうなので、最終契約で停止条件などには注意が必要です」など先回りしたアドバイスがもらえることもあります。

 

自分でやっていると、「もしかしたらM&Aってそんなもんかも・・」で進めてしまうことが多くなると思いますので、終わってから「こんなはずじゃなかった」「思いっきり安い値段で売ってしまってた」なんかも往々にして発生する可能性はあります。

 

また、これはビズリーチサクシードの機能の問題ですが、登録した売手側が買手側に積極的にオファーしないと交渉がスタートしないケースも多いため、待ちの姿勢になりがちな売手としてはちょっと扱いづらい可能性があります。

 

仕組みが類似しているMAfolovaなんかを見ると、一斉に買手見込み先に配信する機能があったりするので、基本的に待ちの姿勢でプラットフォーム内の全買手候補に対して感触をうかがう、ということもできたりします。

 

手数料だけ見てしまうと、自分でM&Aプラットフォームを使ってやってみようかな、と思う気持ちも分からないでもないですが、客観的な意見も聞きつつ安心感をもって進められるというのは、M&A仲介会社を使うメリットかなと思います。

 

 

ビズリーチサクシードの評判については、M&A仲介会社の中では、「大きめの会社が買手企業として登録している使えるサイト」という評判が多いような気がします。

 

最初は「M&Aの相手をネットで探すなんて・・」って否定的だった仲介会社や銀行も徐々に利用する機会を増やしています。

 

最近では他のM&Aプラットフォームの手数料も認知されてきたので、買手企業側が色々なプラットフォームを使い分けるという動きが出ているような気もしますが、ビズリーチが人材ビジネスで顧客にしている上場企業なんかも使っているという点では、面白いサイトかなと思います。

 

 

で、結局「ビズリーチサクシード」は使うべき?

 

売手としては買手を探す用途で、買手としては売手を探す用途で利用するのは良いと思います。

 

この投稿をしている時点で、ビズリーチサクシードのホームページ記載の情報では、売手企業数2,986件、買手企業7,947件があるそうで、M&Aプラットフォームの中では利用価値のあるプラットフォームと言えるからです。

 

ちなみにプラットフォームは利用者数が多くないと利用価値が無いに等しいので、流行っていないプラットフォームは登録するだけ時間の無駄とも言えます。

 

ただ、相手探しの用途で利用するのであれば同じようなM&Aプラットフォームである「TRANBI(トランビ)」や「MAfolova」や「バトンズ」や「M&Aクラウド」も選択肢に入れるとよいでしょう。例えば「Mafolova」なんかを見ると今日時点で7,800社とビズリーチサクシードに肉薄しているので、同じくらい利用価値があるとも言えます。

 

買手や売手は1つのプラットフォームを使ったら、他のプラットフォームを使ってはダメという縛りは無いので、複数のプラットフォームを使い分けることも可能です。

 

言い方を変えると、売手としては、別にそのプラットフォームでなくとも他のプラットフォームで同じ買手と出会うことができて、買手としては、別にそのプラットフォームでなくとも他のプラットフォームで同じ売手と出会うことができる可能性があるということです。

 

売手は無料としても、買手としてはできるだけ利用料金が安いプラットフォームを使いたいと思うのが自然なので、双方が利用料金が安いプラットフォームを優先して使うことで、売手も買手も得をするような交渉ができる可能性もあるわけです。

 

筆者も実際に、MAfolovaで出会った買手企業さんから、ビズリーチサクシードでもオファーを貰い、「あ、こんにちは(笑)」みたいになった経験も何度かあります。

 

ちなみに、筆者がM&Aの買手を探すときには、買手の手数料安い順に、TRANBI(トランビ)→MAfolova・バトンズ※→ビズリーチサクシード、の順で募集をかけますね。

※Mafolovaの方が成功報酬に対する手数料率が低いですが、バトンズの方が最低報酬額が小さいので、小さめの案件であればバトンズが優先、大きめの案件であればMAfolovaが優先、という感じです。

 

 

色々な使い分けができるM&Aプラットフォームですが、完全に利用者の意見として言うのであれば、どこか1社だけ利用者数がずば抜けたプラットフォームとかが出来たりすると、価格競争が起きずに、利用者側が高い費用を払うことになると思うので、適度に数社とかで競争が起こって、都度利用者側が合理的な選択をしていくといいかな、なんて思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

M&Aプラットフォームは思ってもみなかった相手と出会える機会にもつながるので、とても便利なものだと思います。

 

是非有効活用して、よいM&Aをしていただければと思います。

 

 

本日の内容についてご不明点やご質問、M&A全般についてのご相談などがあれば下のフォームよりお問合せ下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。