無料相談 好評受付中!

「フォーバル(事業承継)」の評判・口コミって実際どうなの?

 

M&Aいろは塾では、売手オーナーが初めてM&Aの仲介会社を選ぶ時にここは気を付けた方がいい」「この会社はこういうことをしている会社ということを分かりやすく説明しています。

 

本日はM&A仲介を行う「フォーバル」について解説していきます。

 

こちらの会社は、M&Aの専門会社という訳ではなく、通信機器とか端末の販売を昔から販売している会社です。事業多角化も進めているようで、機械の販売だけでなく、コンサルティング領域にも積極的に参入している印象があります。

 

M&A仲介業は異業種からの参入も盛んな業界ですが、「フォーバル」は参入しているM&A仲介業者としては比較的後発の仲介業者になります。元々M&A業界にいた筆者は「え、フォーバルもM&A始めたんだ」と思った記憶があります。元々の母体は大きい会社なので、どんな動き方をするかは気になっているところです。

 

M&A以外の営業はかなりの量の評判記事がある会社ですがどんな会社か見ていきましょう。

 

 

フォーバルの手数料について

 

フォーバルの料金体系は以下のような設定のようです。

着手金   50万円~200万円(1億円未満:50万円、1~10億円:100万円、10億円以上:200万円)
中間報酬  0円
最終報酬  時価総資産額のレーマン料率で計算(最低報酬額1,000万円)

 

何もない成果物が無い状態で最低でも着手金50万円、というのは売主にとってはちょっとハードルが高い仲介会社かもしれません。

 

ちなみに主要なM&A専業の仲介会社の中で、現在着手金を徴収しているのは、日本M&Aセンター(着手金100~300万円)、オンデック(着手金30万円)、名南M&A(着手金有)くらいです。

 

着手金というのは、基本的に成約しなくても(もっと言えば買手候補と交渉に至らなかったとしても)返金もされないものなので、売主にとっては払い損になる可能性があるので注意しましょう。
(成約しなかった実績ってどの仲介会社も公表しないんですが、大手仲介会社でも受託した案件の内半数程度は成約せずに終了、という話はよく聞くので、結構な確率で払い損になっていると考えられます)

 

また、フォーバル社のホームページには「中小・小規模企業に特化」と記載があり、譲渡企業のHP掲載案件の規模を見ると売上高が1億円未満の会社も多いように見受けられるので、この着手金って結構重く感じるだろうなと筆者は思います。

 

成功報酬については時価総資産額で計算するとのことなので、ある程度の資産規模で負債も含めた会社の総資産が大きい会社は手数料が高くなる可能性もあるので注意しましょう。

 

各社の仲介手数料をまとめている以下の記事で簡単に比較できるので是非ご確認ください。

「M&A仲介会社の手数料一覧表」決定版!!

 

 

フォーバルの評判について

 

フォーバルは情報通信機器や端末販売がルーツの会社なので、法人営業の評判はかなり歴史があります。

 

こちらを見る限り、M&Aらしき投稿は少なそうですが、コンサルティング関連の営業電話も多くしているようです。

参考 電話番号検索口コミ(外部サイト)jpnumber

 

この会社の特徴としては、

・顧客との接点は電話、メールをよく活用する
・電話で直接社長に取り次いでもらい、ビジネスマッチングなどの提案を行うスタイル

 

M&A業界でも、下の記事のように営業電話は結構問題視されているのですが、電話で社長に直接コンタクトを取るという営業が盛んに行われていますので、参考までに張っておきます。

「M&A仲介会社からの迷惑電話!?」資本提携?どういう目的でかけてくるの?

 

電話や直接対面だとグイグイ来られて、うっかり仲介契約を結んでしまったりする売手オーナーも多いので、こういったコンタクトがあっても一旦冷静に対処して、M&Aを行う場合でも十分比較をした上で検討するようにしましょう。

 

 

業界業種でいえば、フォーバルは自動車アフターマーケット(車の改造、修理、中古車販売とか)市場に注力しているようで、連携しているあいおいニッセイ同和損保とのセミナーをやっていたりもします。

 

そのため、こういった業種の売手企業や、買収可能性のある関連業種(板金塗装、カーパーツショップ、ガソリンスタンド、ディーラーなど)の買手企業には営業が多い可能性もありそうです。

 

 

また、マッチングサイト「バトンズ」に記載されているフォーバルの紹介欄で、M&A支援実績が、

 

2017年4月より本格的に事業承継支援を開始し、これまで100件近くの成約実績がございます。」

 

と記載がありますが、事業開始から4年余りで100件というのはM&A業界的には相当な数になります。

 

同じ小規模のM&Aを行う仲介業者として「オンデック」と比較してみると、オンデックの2020年11期有価証券報告書では、28名のコンサルタントで年間27件の成約件数です。また、国内指折りの上場大手仲介会社でも、年間成約数十件という期もよくあります。

 

今日時点募集がされているDODAのフォーバルの求人情報を見ると、M&Aのメンバーは男性9名、女性2名の計11名、かつ、M&A業界以外の未経験者もメンバーには多い模様です。

 

この人員でどうやって100件成約させたのかは筆者的にはめちゃくちゃ気になるところです(笑)

 

未経験メンバーがいるようなので、面談した際にはきちんとしたスキルと経験があるか確認してみてください。コンサルタントは誰しも1件1件成約の思い出があるものなので、具体的な話が聞けるかどうかはホントに実績があるかを確認する上では重要です。

 

 

筆者の見解

 

着手金が手数料が高額な部類である日本M&Aセンター並みに発生するので、アドバイザー選びの時点で十分比較検討の上、選ぶようにしましょう。

 

また、最低報酬で1,000万円ということなので、大手上場の仲介会社と同水準とも言えます。初めから1,000万円払うつもりがあれば、選択肢はM&A専業会社でも数多くあるので比較してみるのもよいでしょう。

 

フォーバル社は小規模の自動車アフターマーケット関連企業に注力している?ようなので、該当する会社の場合は選択肢としていれても良いでしょう。

 

ちなみに小規模の自動車板金工場などは筆者も成約までお手伝いしたことがありますが、「板金・塗装職人の人数・年齢」、「立地」、「工場のキャパ」などが買手を見つける上での重要な要素になります。

 

ガソリンスタンドが板金工場を買うケースなどは、買手が運営するSS店舗からちょうどいい位置に板金工場を置きたいと考えるものなので、「立地が上手くはまるか」が重要だったりします。

 

M&Aの中では、場所の利便性がかなり重視される業種なので、自社の立地に関心を持つ買手企業を知っているかどうかを仲介会社選びの参考にしてもよいかもしれません。

 

 

下の図はM&Aいろは塾との比較になります。M&Aいろは塾は業種を絞っている訳ではないですが、ネットマッチングから全国の買手候補をご紹介できます。是非M&Aいろは塾も選択肢の一つに入れていただけると嬉しいです。

 

ご参考いただければ幸いです。

 

最後まで読んでいただき有難うございました!

 

 

M&Aに関する素朴な疑問や、M&Aを進める上で不安なことがありましたら下のボックスからM&Aいろは塾に非公開で質問もできますので是非ご活用下さい。

 

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。