無料相談 好評受付中!

M&Aいろは塾とは

お悩み社長

M&Aいろは塾っていったいどういう団体なの?
 

M&Aに関する実態や情報発信をしているM&Aいろは塾ですが、どのような組織なのかをお伝えできればと思います。

 

組織の概要

 

どんな考えでM&A仲介をするかが事前に分かる数少ないプロ集団

 

M&A仲介会社は買手を探してくるという特性上、成果が事前に分からないというサービスを提供しています。

 

それゆえ、ブランディング戦略をしつつ、いい加減なことを言って、高額な仲介手数料を取るというM&A仲介会社が多いのも事実です。

 

これから会社や事業を売却しようとする方は、ほとんどが初めてM&Aに触れる方だと思いますが、色々教えてくれるはずのM&A仲介会社が信用できない、ということで躊躇する方も非常に多いです。

 

信用できる仲介会社なのかそうでない仲介会社なのかを判断するためには、仲介者のM&A仲介に対する考え方や姿勢を事前にきちんと知ることが大事なのですが、そのような情報はあまり多くありません。どの仲介会社をみても「弊社は専門家集団です」「会社として成約を〇〇件しました」「最短〇カ月で成約しました」とかそういう情報ばかりです。

 

中には手数料すら正確に記載しない仲介会社もいます。これでは安心してM&Aをお願いすることができなくて当たり前なのです。

 

M&Aいろは塾がブログ形式で運営しているのは、「こういうケースでは仲介はこうすべき」とか、「こういう仕組みになっているのでこういう業者選び・交渉をするとこうなる」など仲介としてのあるべき姿勢や売手が本当にメリットを得るためにはこうすべき、ということを文章で伝えたいためです。

 

この情報発信を通して、M&Aいろは塾ではこういうM&A仲介をします、というコミットもしているということです。

 

こういう情報をこれから会社や事業を売却しようとしている方に最初に伝えることで、仲介者がどういう考え方でM&A仲介するのかが想像できるようになり、安心してM&A仲介を依頼することができるようになります。

 

仲介手数料についていえば、「仲介会社の仲介手数料が高すぎれば買手が付きにくくなる」が揺るぎない事実です。だから、M&Aいろは塾は業界でも低価格でサービス提供しています。

 

「高額な仲介手数料を支払えば高く売却してくれる」と勘違いしている方もいらっしゃるかもしれませんが、仲介というのは利益相反になるので買手に価格交渉をすることはありません。

 

M&A業界は巧妙なイメージ戦略が盛んに行われていますので、話を聞きに行くとなんとなく納得してしまうこともあるかもしれませんが、きちんと全体を俯瞰した上で、その業界背景にある理屈を知れば確実に見方が変わります。

 

是非、その一歩としてM&Aいろは塾の発信する情報をご覧いただければと思います。

 

筆者がどういう想いでM&Aいろは塾を作ったのかはこちらの記事もご参考下さい。

M&Aいろは塾を作ったきっかけ

 

「紹介者による監視と一律の料金を実現する」新しいビジネスモデル

 

M&A仲介手数料の報酬基準が法律で定められていないことで、売手オーナー様が直接M&A仲介にコンタクトすると、びっくりするような見積を出されることもあります

 

安心して、経験豊富な実績を持つM&Aコンサルタントを利用できるよう、M&Aいろは塾は次のようなビジネスモデルを構築しました。

 

 

M&Aいろは塾では、仲介手数料300万円+税で対応可能、かつ、過去成約件数10件以上などの一定の水準を満たすコンサルタントと提携しております。

※交通費実費や売手側の一方的な都合による解約金等は別です(以下、表記も同じ)

 

それにより、売手オーナー様は費用面と品質面で安心してM&Aの仲介を依頼することができ、一方で、経験や実力がありながらも集客にお困りの仲介会社・事業主様はM&Aに携わる機会を得ることができます。

 

なお、全案件筆者が監視・管理します

 

「M&Aに対する考え方の面で他のM&A仲介会社・コンサルタントは不安」という方にとっては、仲介会社やコンサルタントがどんな考えでM&A支援をするのかの姿勢の面はかなり重要です。

 

筆者はこのようなブログ形式で数多くのトピックを挙げ、M&Aの仕方や考え方について公表しているため、書いてあることと矛盾しないことが求められますし、お客様の立場からはその分安心してM&Aをお任せいただけることに繋がると考えております。

 

 

過去の成約実績

 

成約案件については上記の通りです。

お取り扱いの案件規模については、M&Aいろは塾では基準を設けておりません。

理由としては、M&Aはどのような案件でも発生する工数は一定であるという前提に、手数料を一律300万円+税で設定しているからです。

 

スキームについては、ご案件の状況を鑑み提案させていただいております。

一般的には株式譲渡及び事業譲渡が多い印象です。

 

 

料金体系

 

M&Aいろは塾のM&A仲介手数料は以下の通りです。

なお、交通費に関しては遠方のお客様のみ相談させていただきます。

面談については極力Zoomなどのテレビ電話や通常電話も利用できれば交通費もかかりませんので推奨しております。

 

着手金・月額報酬が無料の会社は最近増えておりますが、中間金も無料です。

 

成約した場合のみ仲介手数料をお支払いいただきますので、安心して進めていただけます。

 

また、M&Aいろは塾は、売却される会社の規模や譲渡金額に関わらず一律で300万円+税という設定をしております。

 

他の仲介会社は高額な最低報酬額を設定していることも多く、また、取引規模が大きいお客様についてはレーマン料率という計算で手数料が高くなりますので、場合によっては他社と数千万円以上仲介手数料に差が出ることもございます。

 

是非、きちんと比較検討して下さい。

 

加えて、補助金の有無については一度事前にご確認いただくことをお勧めします。

 

M&A補助金の内容にもよりますが、上記手数料から、発生した手数料の1/2~2/3程度の補助を国から得られるケースがございます。

M&Aいろは塾では登録済みのM&A支援機関のみを利用頂きますので、補助金を申請いただくことが可能です。

 

※申請期間がございますので、予めご確認ください。

参考 令和3年度当初予算事業承継・引継ぎ補助金(外部サイト)事業承継・引継ぎ補助金

 

 

一律300万円の明瞭会計

 

M&A仲介業では「レーマン方式」による報酬設定や、着手金・中間金を徴収するという商習慣があります。

 

M&A仲介業には法律的な報酬制限が無いため、各社が元々の商習慣に独自の理解を加え報酬設定しているというのが現在のM&Aを取り巻く環境です。この分かりづらさがM&Aを行おうとしている売手オーナーを踏みとどまらせ、M&A自体への不信感を生んでいるものとM&Aいろは塾は考えています。

 

これを解決するため、一律の料金を設定しております。

 

規模の大きい案件でも規模の小さい案件でも、M&Aいろは塾はM&Aの工程を省くことなく対応いたしますので、M&Aコンサルタントが一定の労力を要することから一律の費用、という考え方になります。

 

一般的な仲介会社の手数料水準はこちらのまとめ記事もご参考下さい。

「M&A仲介会社の手数料一覧表」決定版!!

 

 

全ての売手オーナーに習熟したM&Aコンサルタントを

 

一般的な仲介会社のサービスに加え、成約実績の浅い未熟なコンサルタントはアサインしないということを徹底しております。

(いろは塾のメンバーに経験の浅いコンサルタントはいないことで品質を担保しておりますので、受託案件が多い場合には少しお待ちいただくこともございます)

 

売手オーナー様に対して習熟したコンサルタントをコミットするのは、M&Aを成約するために非常に重要な要素でありながらも、全ての売手オーナー様にこれをコミットすることはM&Aいろは塾の体制でないとできないことですので、大きな利点と言えます。

 

手数料が一般的な仲介会社よりも安くできる理由についてはこちらの記事もご参考下さい。

「完全成功報酬・固定300万円」M&Aいろは塾がM&Aコンサルティングを安く提供できる訳

 

 

また、M&Aに取り組む際の注意点をまとめた本なども出版しておりますのでよろしければこちらもご参考下さい。

【お知らせ】「M&A仲介会社からの手紙は今すぐ捨てなさい」を出版しました

 

 

ご相談・お問合せ等については下のお問合せフォームよりご連絡をお待ちしております。

 

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。