筆者書籍(Kindle版)好評販売中!

M&Aいろは塾の仲介サービスご利用の際の注意点

 

M&Aいろは塾で仲介をご依頼いただく際、よくご質問をいただく部分やよく誤解されている部分についてまとます。

 

具体的に「いろは塾に仲介をお願いしてみよう!」と思われましたら、一度以下の内容をご一読いただけますようお願いいたします。

 

 

M&A仲介を受ける際は仲介業として行っており、ボランティアではございません

 

M&Aいろは塾は筆者がM&Aに関する情報を色々とお伝えし、お困りのことがあれば、常識的な範囲内で筆者に時間的な余裕がある限り無料で相談を承っております。

 

この点については筆者が個人的に見返りを求めず対応しているところもございますが、M&Aの仲介を依頼された場合は一般的なM&A仲介業務としてお取扱いをさせていただいております

 

業である以上、適切なお金をいただきそれ以上のサービスを提供するということで成り立つわけです。

 

他のM&A仲介会社と比較してかなり仲介手数料が安いので、お手伝い感覚でのサポートではないかとか、安かろう悪かろうではないかという印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも「一般的なM&A仲介手数料が高すぎるのできちんとしたサービスを安く提供しようよ」というのがM&Aいろは塾の基本コンセプトであり、コンサルタントのレベルは一般的なM&A仲介会社の中でもかなり高いと自負しております。

 

実際、M&Aいろは塾で仲介を担当するのは大手仲介会社で活躍しつつ独立したコンサルタントの方がほとんどです。他のM&A仲介会社で働いていれば1件の成約で仲介手数料数千万円普通に稼げるメンバーばかりです。

 

それでもM&A業界の標準がおかしいから自分たちの手で変えよう、という想いで300万円で、M&Aの品質を落とさず、合理化できるところは合理化して仲介をしているという感じです。

 

このビジネスモデルで継続するため、売手側300万円でもビジネスとして成立させるということにこだわりを持っておりますので、ボランティアでのお手伝いを希望されたり、値下げをご要望される方については、仲介の請負をお断りしておりますので予めご理解いただければと思います。

 

無理のある希望条件の場合は仲介をお断りするケースがございます

 

M&Aの検討を進める際、まず始めに株価算定を行います。

 

そこで売手オーナー様の希望条件などをおうかがいしつつ、現実的な希望条件なのかを相談しながら確認させていただきます。

 

あまりにも希望金額が高い、売上・利益が今後立たなくなるのが確実であるのにその分も買収金額に考慮してほしい、など、買手企業にとって明らかに受け入れられないようなケースにおいては仲介をお断りするケースがございます

 

前述の通り仲介”業”としてお取り扱いし、かつ、完全成功報酬(=成約しないと無報酬)という設定でございますので、成約確率が著しく低いケースにおいては、仲介者側も営業判断上お断りせざるを得ない、という事情もご理解いただければ嬉しいです。

 

なお、成約確率が著しく低い(売手オーナー様も自覚している)ケースでも、可能性が1%でもあればM&Aにチャレンジしたいという売手オーナー様もいらっしゃいますので、その際は成功報酬の一部を着手金で頂き対応するなども検討しつつ、ご希望に沿えるような対応は相談させていただきたいと思います。

 

合理的な理由なく検討を中止する場合には人件費等の費用が発生することがございます

 

一般的なM&A仲介会社の仲介契約書では、合理的な理由なく検討を中止した場合には別途費用が発生する旨が記載されていることが多いですが、これはM&Aいろは塾でも同様です。

 

合理的な理由なく検討を中止、というのは、例えば「売上が下がったからM&Aを考えたけど、売上が戻ったからやっぱりM&Aするのを辞める」とか「個人的な心境に変化がありやっぱり売る気持ちになれない」というような内容です。

 

買手の検討が進んでいれば、場合によっては損害賠償の話になることもありますし、売手企業を紹介した仲介者も信用を失います。

 

仲介者も最初の段階で伝えてもらっていれば仲介自体お断りしていたような内容であれば、実際に損害を被っているわけですので、気安く「検討を辞めます」「はい、分かりました」とは言えないわけです。

 

この辺は、人件費が欲しいというよりも、きちんとM&Aに対する気持ちを整理して、希望についても全部伝えてもらってからM&Aを始めましょう、という趣旨の文言になりますので、最初からきちんとすべてお伝えいただき、心変わり無くM&Aの検討を進めていただけるのであればそれほど気にしなくてもよい内容かと思います。

 

M&Aいろは塾は仲介手数料も業界では安いので、「とりあえず値段の安いM&Aいろは塾でM&A検討を始めてみて、辞めたくなったらやめたらいいや」という発想の売手オーナーが増えてくると、商売が成り立たず、全てのお客様から着手金をいただき仲介を請負わざるを得なくなってしまいますので、健全な業界形成の為ご理解いただきたく存じます。

 

赤字である、債務超過である、という理由だけでお断りしません

 

M&Aいろは塾は、売手企業様が赤字である、債務超過である、という理由でお断りすることはありません。

 

実際赤字であっても債務超過であっても、買手がつく会社様もいるからです。

 

ただ、厳しい財務状態であっても希望条件が高い、どのような会社が運営しても確実に赤字体質を脱却できない、など、成約確率が著しく低くなり得るお話であれば前述の営業判断の上、お断りすることもございます。

 

買手企業の市場環境や買収ニーズは業界業種によっても異なることから、一概にこういう財務の場合はお受けできる・お受けできない、という線引きは無く、ご案件毎に総合的に判断していく形になります。

 

仲介契約後、他M&A仲介会社の方が高い株価算定だったから高く売って欲しい、と言うのは無しでお願いします

 

こちらの記事でも取り上げましたが、仲介会社によっては異常に高い株価を売主に見せて気を引く悪徳業者がいます。

「高い株価算定を出すM&A仲介会社には逆に任せない」のが正解な訳

 

彼らは、

株価を高く見せて仲介契約を取る → 実際そんな金額を出せる買手はおらず、仲介契約締結後売手側の目線を下げさせる → 成約させて高額な仲介手数料を徴収する

という営業をしています。

 

初期段階での株価算定というのは、ほぼ確実に買手へ確認するなどなく、売手企業の過去の決算をベースに仲介会社の裁量で算定します。なので、意図的に高くしたり低くしたりもできます。つまり、そもそも正確なものではないということです。

 

これは上場している仲介会社でも同様です。むしろ、会社内の予算や営業ノルマも厳しい大手仲介会社の方がこうしたことをしやすいインセンティブが働くことが多いです(元々筆者も社内にいたので雰囲気分かります)

 

M&Aいろは塾経由でM&Aを進めた際、買手企業に打診をしてから、買手企業からのリアクションを元に売手企業の希望金額について実現性があるかどうかの協議をする場面もありますが、当初の希望よりも買手企業の評価が低いケースも多々あります。

 

このような時に、「他の仲介会社ではもっと高い評価だった」と過去に貰った株式算定結果を持ってきて仰る方もたまにいらっしゃいます。

 

営業するバイアスのかかった仲介会社が決算書程度の情報で作成した株価算定よりも、実際にもっと詳しい情報を元に買手企業から頂いたリアクションを元にお伝えしている金額感の方が確実に客観性があり正確なので、過去に高値で出された株価算定は実態と乖離している営業的な色の強い株価算定だったと結論付けてください。

 

現実味の無い株価算定をその時点から持ち出したとしても成約する可能性は低いので売主の得にもなりません。

 

いろは塾では「高値を見せて気を引く営業」は絶対にしませんので、営業味のある仲介会社と比較して想定株価は低いケースも多々あります。もし、株価算定の結果をもとに仲介会社を選ぶ、ということであれば、筆者としては「高い株価算定を信じたいということであれば、それを出される仲介会社で進めてみても良いと思います」と率直に申し上げています(結局ここは何を信じるかという話なので、ウソでも何でもご自身にとって都合が良ければそれを信じたいという方であればそれを止めはしないという意味です)。

 

仲介契約締結後、M&A検討を進めている中でこのような話になると、仲介側も「当初から言っていただければ仲介をお受けしていなかった」とトラブルになるケースも想定されますので、「任せるからには任せる」「仲介会社の簡易株価査定は買手の実際の評価と乖離することがある」というご理解の上でご依頼いただければ幸いです。

 

買手企業様については希望条件に合うM&A案件がご紹介できなければご相談のみとなります

 

たまに買手企業様からもご連絡いただき、ブログの内容に共感いただきましたとお声をいただく機会も増えてきました。

 

ですが、買手企業様については、具体的にご紹介できるような譲渡案件が無い場合には「またそのような案件を請負いましたら、その時に・・・」という感じで終わってしまいますので、必ずしもご希望に沿えないことが多いです。心苦しい限りですが。。

 

M&Aいろは塾では、買手企業様が希望するような売手企業へメールやDMなどでオファーを行う、というようなサービスはしておりませんので。買手側がアクティブに動くことを支援する幅は広くないですが、良い譲渡案件の探し方や現在利用されている仲介会社への対応方法などでお困りのことがあれば、何かしらお力になれることもあるかもしれませんので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。