無料相談 好評受付中!

M&A迷惑電話を断る・減らす具体的な方法【受付担当者さんも必見】

お悩み社長

M&Aの電話が多いからなんとかしたいんだけど・・

 

以前、M&A会社からの電話についてこんな記事を書きました。

「M&A仲介会社からの迷惑電話!?」資本提携?どういう目的でかけてくるの?

 

でも、忙しい事務員さんなどが「M&Aの電話ってどうしたらいいんだろう」とこういう記事を検索されてるケースもあるかと思いますので、今回は簡潔に対処法について伝えていければと思います。

 

この記事を読むことで、電話に対する適切な対処ができるようになり、今後この手の電話を多少減らすことも可能になると思いますので是非最後までお読みください。

 

 

ちなみに筆者はM&A仲介をしている身ですが、同業者のこういう迷惑行為はどうかと思っており、業界の仕組みを知っている立場として効果的な対処法をお伝えしたいと思ってこういう記事を書いています。

 

それではいきましょう!

 

電話がかかってきた時の対応方法

 

M&Aの営業はだいたいこんな感じで電話をかけてきます。

【M&A業者】

「先日お送りしたお手紙について社長様にご説明したくお電話しました」
「貴社と資本提携したいといっているクライアント企業がいましてお電話しました」
「社長様にお伝えしていることがあり補足でお電話しました」

 

だいたいは「重要そうな話がある風」を装って電話をしてきます。

 

中には、「さも社長と面識がある風」を装って電話する者もいます。

 

健全なM&A業者であれば、M&Aという会社にとって重要な話を社長や会社の株主以外に話をすることはありませんので、面識があるなら最初から社長に電話するはずです。そもそも相手を誤認させて自分に都合よい展開にするのが営業だと思っている時点でヤバい業者なんでガチャ切りでよいくらいです。

 

こういう営業の目的は「なんとかして社長に取り次いでもらう」ということですが、こう返しましょう。

 

【受付回答例】

「弊社ではこのようなお電話はお取次ぎしなくてよいと指示が出ておりますのでお引き取り下さい」

 

多くを語る必要はなく、上からの指示で取次ぎを拒否する旨を伝えるだけでOKです。

 

ポイントとしては、”受付担当者の判断”ではなく”会社の意思決定者の判断”として断っている旨を伝える点です。

 

強情際の悪い営業の場合、受付担当者の判断で断ってきたなと感じると「こんな重要な話を社長ではなく、受付のあなたの判断で断るんですか?」と逆切れしてきたりしますので、とても面倒です。筆者としても同業者として恥ずかしい限りですが、実際こういう業者はいます。

 

後ほど解説しますが、この手の電話は単なる営業なので、こういうコンサルタントのいうことを信じる必要はないです。

 

なお、「社長に聞いてもないのにこんなこと言っちゃってもいいの?」と思う方もいるかと思います。

 

結論としては、問題ないです。

 

こういう電話はあなたの会社だけでなく他の会社にもローラー作戦でバンバン電話していますので、いままでもこれからもたくさん電話は来続けます。通常業務の支障になるからという理由でお断りすることは何も悪いことではありません。実際、社内でM&Aとか資本提携とかその手の電話は全部お断りと決めている会社も結構あります。

 

また、これによってあなたの会社の社長が重要な商機を失ってしまうみたいなこともまずありません。

 

そもそも、いきなり知らない会社があなたの会社を買収したい、みたいな話はまず無いですし、既に取引している先からのM&Aしたいという申し出であれば、会社の代表番号とかに電話するんじゃなくて、別の機会で社長と二人きりになったタイミングで切り出すとかが自然です。

 

こういうガンガン電話営業するM&A業者は総じてM&A手数料が高いことが多いので、むしろ、その電話を社長に取り付いで社長が丸め込まれてしまうことで、社長を損させてしまう可能性もあります

 

「なんで断ったんだ」みたいな話で受付の方が怒られるようであれば、社長に是非このブログを読んでいただくように勧めていただければと思います。この記事の下でも、こういう電話に対して反応無い方がよい理由を書いておきますので、必要に応じてご覧ください。

 

もし心配であれば個別にお問合せフォームからお問合せいただければ筆者が直接回答します。

 

 

ちなみに、あれこれとごねまくってなかなか電話を切らせてくれないM&A業者だった場合の対策で一つキラーフレーズをお伝えします。

 

【受付回答例】

「御社が中小企業庁のM&A支援機関なのであれば、このやりとりを不適切事例として報告させていただきますが、それでもよろしかったでしょうか?」

 

だいたいこれでM&A営業は黙ります。ゴキブリにゴキジェットプロかけるくらい効きます(笑)

 

一応説明しておくと、M&A支援機関というのは「中小企業庁が管理しているM&A業者を取り締る登録制度」のことです。

 

あんまり問題のあるM&A業者は登録解除しますよ~!ってことで国がお触れを出しているもので、これが登録解除されてしまうと補助金が出ないとM&A業者としてはかなりイタいです。

 

これに報告されるという話になるなら、「失礼しましたっー!!」って逃げていくのが普通ですね。

 

なお、国内のM&A業者は大体M&A支援機関で、電話をかけてくるのはこのM&A支援機関という理解で良いです。万一「弊社はM&A支援機関じゃないので」みたいな返しをしてくる場合には、そもそも国の定めるガイドラインを遵守しないという業者を意味するので相手にしてはいけません。これは本当にヤバい業者です。

 

この不適切事例の報告は簡単に連絡できる窓口はこちらに設置されていまので必要に応じてご利用ください。意外と簡単なので、悪質だなぁと思ったら迷わずサクッと連絡したらいいと思います。

参考 情報提供受付窓口(外部サイト)中小企業庁

 

なお、社名をわざとはっきり言わない業者も増えているようなので、M&A業者の社名や会社の電話番号はきちんと確認してから通報するようにしましょう。

 

匿名の掲示板ですが、「ファンドブック」という仲介会社が「サンドブック」に聞こえるように言っていたり、「M&Aキャピタルパートナーズ」という仲介会社が「MACP」とか「MAキャピタル」とか略称で言っていたりという情報もあります。この辺は、折り返し連絡をする可能性をちらつかせれば正しい社名と連絡先をきちんと喋るはずです。

 

 

迷惑電話を減らす有効な対策

 

上のような脅しを一回でもすればその会社からは掛かってこないような気もしますが(笑)、M&A業者は本当に数も多いので全部に同じ対応するのも面倒だと思います。

 

そこでオススメの対策は、「会社のホームページのお問合せフォームなどに営業電話やメールは受けない旨を明記しておく」ことです。

 

ホームページの改定の手間はあるかもしれませんが、その後の対応工数の手間を考えたら十分やる価値はあります。

 

技術的に可能であれば、「営業目的ではない」というボックスにチェックを付けないと送信できないようにするというのもよいでしょう。

 

 

ただし、多くのM&A業者は1社1社ホームページを確認せずにいきなり電話してきたり、「これは営業じゃない!資本提携という使命を背負っているんだ!」と信じ込んで連絡してくるので、相変わらず連絡がくることもあります。

 

もうこういう業者はどうしようも無いんですが、対外的に営業電話は受けないことをネットで公言しているわけなので、「ホームページも見ずにM&Aとか言わないで欲しい」くらいの温度感で撃退することもできるかもしれません。

 

 

また、ごねられた場合の電話はどうしても受け手の時間を取ってしまうので、「何か用があればお問合せフォームから連絡してください、折り返す必要があればこちらから折り返します。電話では承っていません」で切るというのもよいです。

 

お問合せフォームからのメールやDMで、ウソのM&A情報を持ってくる業者の見分け方はこちらで詳しく解説していますので、実際にその手の連絡が来た場合にはこちらもご参考ください。

「貴社と資本提携したい」というDMは大抵ウソ、という事実

 

 

こんな電話を社長に取り次がなくてもいい理由

 

こういう電話を対応しなくていいの?と思う方向けに、簡単にその理由を記載しておきます。

 

理由① M&A業者の中では「貴社と資本提携したい先がいる」は挨拶みたいなものだから

DMでも電話でもこのような話は爆増しています。

 

なので、薄々感じてる方も多いと思いますが、この手の決まり文句はどのM&A業者でも使いまわしています。

 

理由は簡単で、実際に会社を売らせる可能性があるからです。

 

「探せば買手が見つかるかもしれないな」というレベルでこういう文章を送ってしまう業者が本当に多いので、こんな内容を真に受けなくてもいいです。

 

理由② 仮に取引相手がホントにいたとしても、その取引相手とだけ交渉するの?って話だから

M&Aの交渉というのは、良い条件で取引する為に、複数の相手と交渉するのが普通です。

 

今や年商1億円に満たなくても、複数の買手とM&A交渉をするのが普通なんです。

 

なので、「買手がいるっていうなら」と交渉に入るのはよっぽど自分の会社が売れないと思っている方か世間を知らない方がすることで、交渉上手な方は「複数の相手と交渉するためにはどうしたらいいんだろう」と考えるものですし、「仲介手数料をできるだけ安くして、手取りを多くしよう」と考えるものです。

 

できるだけよい相手を探す、よい条件を引き出す、ということを考えても、変な営業をしてくるM&A業者の言いなりで仲介手数料を払ったり、交渉相手探しを任せるべきではないといえます。

 

理由③ こういう仲介会社って大概手数料高いから

このブログでは、各仲介会社の手数料を調べて載せています。

「M&A仲介会社の手数料一覧表」決定版!!

 

今お手元にM&A業者のDMや、電話があったM&A業者の情報があれば照らし合わせて確認してみてください。

 

割と手数料が高いところが多くないですか?

 

電話やDMなどで営業にお金をかけているところは、ビジネスモデル上、最低報酬額の設定が高いケースが多いのです。

 

また、場合によっては聞いたことも無い会社からのコンタクトもあるかもしれません。

 

そういった無名の会社でも、手数料はこの手数料一覧で記載している中でも高額に徴収していく先も多いですし、本当に悪質な業者は手数料について何も伝えずにM&Aの話を進めようとしてきたりします。

 

これ本当に危険なんで、絶対に相手にしてはいけません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

最近でも変わらずこういう営業は多いので、受ける方は大変だとお察しします。

 

国の方にもM&A業者のトラブル事例などが問題視されて、M&A支援機関登録制度がスタートしています。

 

問題行動はためらわず通報しましょう!変な業者は減っていくと思いますので!

 

 

筆者への質問やお問合せがございましたら、下のフォームよりお問合せいただければ幸いです。

お問合せ

    お名前任意
    メールアドレス必須
    お問合せ内容必須
    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。